ふるさとの記憶の中に美しい海と山があった。
 ふるさとの記憶をたどる千キロの母島への旅はまさに母の胎内に帰る旅のようでもあった。
 しかし思いがけずも半世紀の時の流れの中に置き去りにされている悲しい風景にも出会った。
赤茶けた鉄塊が亜熱帯の樹々のなかに横たわり、また紺碧の海を睨んだまま朽ちていた。
 それらは繁栄と平和の中で太平洋の小さな島に忘れ去られ 大海原に沈みまた昇る太陽とともに時を重ねてきたのである。
 あのグリーンフラッシュの一瞬の輝きはそれらの鎮魂の光だったのかもしれない。

001おがさわら丸.jpgおがさわら丸01父島二見港旭山から.jpg父島二見港旭山から02父島長崎展望台、兄島を望む.jpg父島長崎展望台、兄島を望む03父島中山峠から小港海岸.jpg父島中山峠から小港海岸04父島境浦から二見湾.jpg父島境浦から二見湾
05父島初寝浦.jpg父島初寝浦06小笠原の海1.jpg小笠原の海07いるか.jpgいるか08_1クジラの海.jpgクジラの海08クジラ6.jpgクジラ
09クジラ36.jpgクジラ10クジラ13.jpgクジラ11アホウドリ2.jpgアホウドリ12カツオドリ1.jpgカツオドリ13_1小笠原の海.jpg小笠原の海
13グリーンフラッシュ.jpgグリーンフラッシュ14夕日タコノキ2.jpg夕日タコノキ18小笠原聟島列島.jpg小笠原聟島列島19小笠原聟島列島1.jpg小笠原聟島列島20小笠原聟島列島2.jpg小笠原聟島列島
21小笠原聟島上陸.jpg小笠原聟島上陸22小笠原聟島.jpg小笠原聟島23小笠原聟島.jpg小笠原聟島24戦跡境浦の沈没船濱江丸.jpg境浦の沈没船濱江丸25戦跡境浦の濱江丸.jpg境浦の濱江丸
26戦跡鎮魂の海.jpg鎮魂の海27戦跡航空機の残骸.jpg航空機の残骸28戦跡航空機翼の残骸.jpg航空機翼の残骸29戦跡砲台跡1.jpg砲台跡30戦跡弾薬箱か.jpg弾薬箱か
31戦跡樹林の高射砲4.jpg樹林の高射砲32戦跡畑の高射砲.jpg畑の高射砲33戦跡母島旧通信所跡.jpg母島旧通信所跡34戦跡樹林の高射砲.jpg樹林の高射砲35戦跡母島砲台跡.jpg母島砲台跡